TPPとは:企業が国家を支配する為の協定書

国際貿易協定という外套を纏った、世界支配の為の21世紀型協定書

TPPは、多国籍巨大企業の大いなる野望実現の為に、中身を入替、1国の主権・法体系規制等を根底から覆す事が出来る協定書に転生した魔物。

TPPを従来型の国際貿易協定の一種という考えは、事の重大さを大きく誤らせ奈落の底に突き落とされる。

 

[TPP発生国に学ぶ]

NZ ラッセル・ノーマン国会議員の講演

http://youtu.be/NuoOCZmGNtY 

 

「講演会同時通訳録音起し・浅場」

開始。

今日私が話す事は、議員としての視点に基づいております。TPPをそ

の観点から見ております。

非常に興味深い観点だと私は思っております。

民主的な欠如がTPPにある事がお分かり頂けると思います。

 

スライド。

私の自己紹介:緑の党の党首。

 

スライド。

先ず、TPPについての最初の懸念は、内密の非公開、内密裏に行なわれている交渉であると言う事です。

TPPの文書は政府の中で共有されていますし、又、政府に関わっている企業グループには、文章を共有していますが、一般市民及び議員にはこの文章は公開されていません。

政府に共有すべきだと申入れたが、公開の場で交渉は出来ないと言わ

れました。

しかし、実のところお互いには、文章を共有しているのです。唯、交渉に係る国民と議員に対して文書を公開していないのです。

 

[問題]

 ・TPPがこのまま進みますと、議員は最終的に合意された文章のみ示

   される事になります。これを’Yes’or‘no’でしか採決する事が出来ま

  せん。

 ・交渉のプロセスは裏口で行なわれており、そして私達はこれを採決

 するか否決するかの選択枝しか残されておりません。これが民主主

 義のプロセスなのでしょうか?・もしTPPが通過して採決される

 事になりますとその時点でも作業文章は内密にされます。政府が交

 渉に使うTPPの作業文書というものは、TPPの内容を国民が理

 解する上で必要不可欠なものです。

 しかしこうした文章は4年間も非公開となります。文章が完了した後

 もです。

 ですから議会がTPPの協定を完全に理解する事は困難と成ります

 。これは非常に非民主的なプロセスであると私は思っています。

 

次のスライド

[次の重要な点]は、

 ・TPPの主な標的は国内の法律であると言う事です。

  この交渉には勿論国境での措置や関税等についての言及はあります。

  しかし、

  大半はそこに参加する国の国内法に関するものです。

  この交渉に関わっている参加する国の担当者はこの国内法を調和化

  するという事をはっきり言っています。

 ・この国境措置と言うものは、国内措置(ビハインザボウダ)と言う

  言葉が使われています。国境措置よりも国内措置が大事だと言うこ

  とです。

・だからこそ、21世紀型の貿易交渉だと彼らは呼んでいるわけです。

 これが何を意味するのか、多くの分野に於いてTPPが国内法を今

 後規定して行く・決めていく、長年に亘ってそうなってしまう、と

 いう事が意味されているわけです。

 

次のスライド。

[大事な事]は、

 ・対象範囲を理解すると言う事です。

国内規制と言った場合に、ここでリストを列挙しています。これは

一握りの例であります。

今交渉にかかわっているのは単に例示であります。如何に幅広いか

、如何に野心が大きいか、と言う事がお分かり頂けるかと思いす。

幾つもの国内法国内規制を交渉によって変えようとしている。変え

たいと思っている。そして、関与している全ての人々に、押し付け

様としているわけです。

 

それでは幾つか説明してみましょう。

   食品基準については、GMO・遺伝子組換え作物の表示を変えよ

   うとしている訳です。

   義務付けている国が多いんですが、GMOの表示についてはニュ

   ージーランドも含めてですが、これが、モンサントなどの大企業

   の第一の標的にされてしまっている。即ち、どの食品が遺伝子組

   換え作物を使っているのか知られたくない、知られないようにし

   ようという事です。

  ・そして、医薬品のコストを下げようと様々な政策を例えばニュー

   ジーランド等も持っています。ジェネリック医薬品、後発医薬品

   がその方法の一つですがそれも槍玉に上がっています。

  ・又、国営企業、投資ルール、多くの国は特別な投資ルールを持っ

   ていますが、投資ルールの基準を下げようと彼らはしている訳で

   す。

  ・知財権についても、著作権の期間を延長しようとしている。又、

   かなり範囲を広げようとしている。著作権を持っている保有者の

   権利を大きくしようとしている。

  ・又、金融部門についても信じられないと思うんですが、世界金融

   危機が起こった後というのに政府の資本の流れに関する規制の力

   を弱めようとしているわけです。

   金融危機が起こった時にそれに備えて規制を強化しようとしてい

   るのにも係らず、です。

  ・政府調達や環境規制についても政府の力を弱めようとしています

   。政府や国会の力、例えば環境規制を強めようとする、これも槍

   玉に上がっているのです。

  ・彼らが何をやろうとしているのか、こう言った事全て秘密裏に非

   公開の交渉でやろうとしているわけです。しかも、国際的レベル

   で。

   しかも、これらの国々の国民が知る事ナシに、又、其々の国の国会

   議員が知る事ナシに、やろうとしている。

   これは、極めて異例なやり方だといわざるを得ないと思います。

 

次のスライド。

  少し恐ろしいと思いますが、もう一つの要素が有ります。

 ・変更しようとしている中身、それは、不人気の国内改革に基づくも

  のだからです。

  国内で改革を行なおうとしても、議会では、賛成を得られなかった

  ものを、議会で賛同を得られなかったものをTPPの交渉を使って、

  変更を強制しようとしているわけです。

  こうした国内改革を強制しようとしているのです。

 

 ・ニュージーランドの在米大使・元ニュージーランド首相マイクモア

  氏、元WTOの事務局長、がつい最近12月にこの様な事を言って

  います。

  「私の国では、1980年代通商政策を使って国内の改革を主導し

   た。ニュージーランドは1980年代にはネオリベラルな考え方

   がありました」

 ・彼がここで言っているのは、通商政策を使って不人気の国内の改革

  を実行しようとした。それは、ネオリベラルな改革をニュージーラ

  ンドの国内に賛同する者を見つけるのは困難だったからです。

  まさに同じ事をTPPで彼らはやろうとしているのです。

  ネオリベラルナな改革、或はワシントンの合意、コンセンサスと言

  っても良いかもしれませんけれども、これは多国籍企業の利益を満

  たす為、或はそれに適応する為の、規制変更です。

 

次のスライド。

 ・TPPに於けるこのインフォースメントに於きます履行・執行とい

  うところですけれども、TPPがこのまま進めば履行の条項と言う

  のは、TPPの条項を履行する為に企業が政府を提訴する事が可能

  になります。

 ・例えば、議会がある法律を制定し、そして、企業がそれを気に入ら

  なければ、企業がTPPの条項を侵害したと彼らが判断するならば

  こうした企業は、国際裁判所で政府を提訴する事が出来ます。

  そして、国際裁判所の裁判官と言うのは、実は民間の弁護士ですが

  、こうした裁判官に対して何百万ドルと言う賠償を請求する事が出

  来ます。

 ・例えば、環境規制を強化するような法律を議会が作れば、これによ

  って、企業にとってお金が係ると見なすならばそのコストに対して

  企業はその国を提訴する事が出来ます。

  そうしますと、議会には圧力が掛かります。この様な環境規制を強

  化する様な法律が通過しないような圧力が掛かります。

  つまり、国内の投資家、企業が持っていないような特別な権利を外

  国の投資家に供与してしまいます。付与します。

 

次のスライド。

 ・ですから、TPPは秘密裏に交渉されている。

  そして、幅広い国内法を標的にしている。様々な国に於いてそう

  です。

 ・不人気で国内で支持されていない、政策を実行する為に、使われて

  いる。

 ・そして企業は、将来こうしたTPPのルールを、侵害する場合には、

  企業は直ちに政府を提訴する事が出来るという事です。

 ・こうした理由をもちまして、私達はTPPに反対しているわけです。

 

最後のスライド。

 ・民主主義では、国民によって選出された代表者が法律を定めるとい

  うのが根本的な原則ではないでしょうか。

 ・そして、国内法を国際裁判で覆すという事は民主主義ではありま

  せん。

 ・私達が何十年もの間戦ってきた私達の理念であり、そしてこの理念

  を覆すものであります。

ご清聴有難う御座いました。

 

2013年2月25日

内閣府認証NPO法人

エネルギー環境アースネット

代表理事 浅場 久

 

 

 

 

 

 

 

    

Item name
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1


Item name
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1
名前がありません
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1